本文へスキップ

特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

スタッフ紹介STAFF INFORMATION

会長 Chairman
垣添 忠生 
Tadao Kakizoe, MD, PhD


1967年東京大学医学部卒業。医師。東京大学医学部附属病院、都立豊島病院などを経て、1975年から国立がんセンター泌尿器科に勤務、病院長を経て2002年総長に就任。2007年に国立がんセンター名誉総長の称号を受け、公益財団法人日本対がん協会、がん対策推進協議会の会長も務める。専門は泌尿器科学だが、すべてのがん種の診断、治療、予防に関わってきた。がん関連の審議会や検討会などの委員、座長などを数多く務める。著書多数。2009年末に、妻をがんで亡くした体験を記した『妻を看取る日』(新潮社)を上梓した。2010年に創設者・竹中文良の遺命により会長に就任。

理事長 President
渥美 隆之 
Takayuki Atsumi, MD


1980年名古屋大学医学部卒業。医師。東京逓信病院外科、日本赤十字社医療センター外科、社会保険中京病院外科医長などを経て、1998年より医療法人晴山会平山病院副院長となる。2001年日本赤十字社医療センターで同僚であった竹中文良とともにがんサポートコミュニティー(当時ジャパン・ウェルネス)設立に関わる。2010年に創設者・竹中文良の遺志を受け継ぎ理事長に就任。毎週水曜日の午後に行われる「がん患者のための医療相談」も担当している。

副理事長/ファシリテーター Vice-President/Facilitator
遠藤 公久 
Kimihisa Endo, PhD


臨床心理士
がんサポートコミュニティー(当時ジャパン・ウェルネス)創設当初よりファシリテーターとして関わる。
2010年から渥美体制下で理事に就任。普段は日本赤十字看護大学教授として看護教育に携わる。現在、サポートグループのファシリテーターとして「第二の患者」とも言われる患者さんのご家族を対象にした「家族の会」/胃がんや食道がんといった上部消化器系がん患者さんを対象とした「消化器Bグループ」を担当している。2013年度から副理事長に就任。

事務局長/プログラムディレクター Program Director
大井 賢一 
Kenichi Oi, DDS


1996年明海大学歯学部卒業。歯科医師。父の腎臓がん罹患を契機に2002年よりがんサポートコミュニティー(当時ジャパン・ウェルネス)にファシリテーターとしてサポートグループ運営に関わる。2003年からはプログラムディレクターに就任し、サポートプログラムの企画運営に携わる。その他、防衛医科大学校非常勤講師/埼玉医科大学非常勤講師として医療倫理教育に携わる一方、東京都がん対策推進協議会委員、港区在宅緩和ケア支援推進協議会委員も務める。2010年から渥美体制下で事務局長を兼務するとともに、サポートグループのファシリテーターとして前立腺グループ/再発転移グループ/友の会/大阪サポートグループも担当している。

プログラムコーディネーター Program Coordinator
小澤 知子 
Tomoko Ozawa


臨床心理士
がん患者さんやそのご家族が初めて訪れる「説明会」を担当し、がん患者さんやそのご家族の参加希望に配慮しつつサポートグループを編成するとともに、サポートグループを担当するファシリテーター研修に従事し、「ファシリテーター研修プログラム」の企画運営を担当している。200712月からサポートグループのファシリテーターとして肺グループ/肝臓がん、胆管がんや膵臓がん患者さんを対象とした「消化器Aグループ」/「第二の患者」とも言われる患者さんのご家族を対象にした「家族の会」/再発転移グループを担当している。公益財団法人ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院で臨床心理士としても従事している。

ファシリテーター Facilitator
内山 由美 
Yumi Uchiyama, RN


看護師/認定心理カウンセラー
20054月からサポートグループのファシリテーターとして大腸グループ/部位を問わない女性限定の「女性混合グループ」/5年以上無症候で経過した方たちに参加いただいている「友の会」/柏市協賛によって運営されている地域に開かれた性別・部位を問わない柏サポートグループを担当している。

ファシリテーター Facilitator
福井 里美 
Satomi Fukui, RN, PhD


看護師/臨床心理士
日本赤十字看護大学卒業後、聖心女子大学大学院で臨床心理学を学びながら、がんサポートコミュニティー(当時ジャパン・ウェルネス)創設当初よりファシリテーターとして関わる。普段は首都大学東京健康福祉学部看護学科准教授として看護教育に携わる。現在、サポートグループのファシリテーターとして性別・部位を問わない「混合グループ」を担当している。

ファシリテーター Facilitator
向後 裕美子 
Yumiko Kogo


臨床心理士
20099月からサポートグループのファシリテーターとして胃がんや食道がんといった上部消化器系がん患者さんを対象とした「消化器Bグループ」を担当している。

ファシリテーター Facilitator
間瀬 志津乃 
Shizuno Mase


臨床心理士
20144月からサポートグループのファシリテーター

ファシリテーター Facilitator
向川原 聖名子 
Minako Mukaigawara, SW, PSW


社会福祉士/精神保健福祉士
20144月からサポートグループのファシリテーターとして主に
3060歳代の就労者を対象とした「サタデーグループ」を担当している。

ファシリテーター Facilitator
田尻 明美 
Akemi Tajiri


臨床心理士
20145月からサポートグループのファシリテーターとして性別や部位を問わない「混合グループ」を担当している。

ファシリテーター Facilitator
古田 由美子 
Yumiko Furuta, RN


看護師
20147月からサポートグループのファシリテーターとして肝臓がん、胆管がんや膵臓がん患者さんを対象とした「消化器Aグループ」/部位を問わない女性限定の「女性混合グループ」を担当している。

ファシリテーター Facilitator
岩井 奈々子 
Nanako Iwai


臨床心理士
20152月からサポートグループのファシリテーターとして大腸がん患者さんを対象とした「大腸グループ」を担当している。

ファシリテーター Facilitator
西野 明樹 
Aki Nishino, Ph.D


臨床心理士
20154月からサポートグループのファシリテーターとして柏市協賛によって運営される地域に開かれた性別・部位を問わない柏サポートグループ、前立腺がん患者さんを対象とした「前立腺グループ」を担当している。

自律訓練法講師 Autogenic Training Instructor
佐藤 仁美 
Hitomi Sato, PSW


精神保健福祉士/臨床心理士/産業カウンセラー
リラクゼーションプログラムである「自律訓練法講座」を担当している。普段は医療法人社団木野崎病院梅郷メンタルクリニックで臨床心理士として従事している。

ヨーガ講師 Yoga Instructor
須田 育 
Iku Suda


日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士/インド政府認定ヨーガ療法士
日本統合医療学会会員
リラクゼーションプログラムである「ヨーガ講座」を担当している。普段は友永ヨーガ学院に所属し、医療機関でのヨーガ療法、一般ヨーガレッスンも担当している。

アロマテラピー講師 Aromatherapist
境 裕美子 
Yumiko Sakai


AEAJ認定カオリスタ/AEAJ認定アロマセラピスト/AEAJ認定インストラクター
リラクゼーションプログラムである「アロマテラピー講座」を担当している。
201110月には「自然療法さろんdonum」を開設し、アロマトリートメントや各種教室を開催している。

合唱団いきのちから講師 
湯川 晃 
Akira Yukawa


テノール歌手
1971年神奈川県生まれ。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修了。二期会オペラスタジオ第39期マスタークラス修了。199911月より200110月まで文化庁在外派遣研修員としてニューヨークへ留学。芸大在学時に同大学の「メサイア」公演のテノールソリストとして出演。1994年、横浜市栄区の区民オペラにてビゼー「カルメン」のドン・ホセ役でオペラデビュー後、多数オペラに出演。小澤征爾のオペラ塾のオペラ公演でカバーを務める。リラクゼーションプログラムである「合唱団いきのちから」を担当している。

合唱団いきのちから講師 
田川 理穂 
Riho Tagawa


メゾソプラノ歌手
1976年宮城県生まれ。国立音楽大学付属中学校、高等学校音楽科を経て国立音楽大学声楽科卒業。大学在学中にソロリサイタルデビュー。大学卒業後渡伊し、シルヴェストロ・サンマリターノ氏、湯川晃氏のもと研鑽を積む。現在、メゾソプラノとしてソロ活動を続ける。リラクゼーションプログラムである「合唱団いきのちから」を担当している。

理事/医療相談担当 Medical Consultation
柳澤 博 Hiroshi Yanagisawa, MD


1983年滋賀医科大学卒業。医師。東京女子医科大学第三外科、泌尿器科、国立がんセンター東病院非常勤医を経て、2005年より医療法人社団東光会戸田中央総合病院緩和医療科部長として緩和ケアの臨床に従事している。2010年から渥美体制下で、がん患者さんが抱える様々な医学的な悩みの相談に応じる「がん患者のための医療相談」を担当している。なお所属学会は日本緩和医療学会の他、日本がん治療学会、日本リハビリテーション学会、日本東洋医学会、日本統合医療学会、日本精神神経学会などで、がんの治療から緩和医療、補完代替療法など幅広い分野の相談に応じている。

理事/説明会・医療相談担当 New Comer Meeting/Medical Consultation
中神 百合子 
Yuriko Nakagami, MD, PhD


がんサポートコミュニティー(当時ジャパン・ウェルネス)創設当初より「がん患者のための医療相談(当時セカンドオピニオン相談)」に竹中文良(創設者)、渥美隆之(理事長)とともに医師として関わる。NPO法人緩和ケアサポートグループ副代表を務める。現在、がん患者さんが抱える様々な医学的な悩みの相談に応じる「がん患者のための医療相談」を担当するとともに、がん患者さんやそのご家族が初めてがんサポートコミュニティーに訪れる「説明会」を担当している。

事務局員/総務担当 Secretariat/General Affairs Section
小林 奈緒
 Nao Kobayashi


産業カウンセラー
がんサポートコミュニティーの活動に対するお問い合わせへの対応から、登録メンバーに対する事務連絡や更新手続きなど、運営に関わる総務全般を担当している。

事務局員/経理担当 Secretariat/Account Section
丹羽 知里
 Chisato Tanba


がんサポートコミュニティーの運営に関わる経理全般を担当している。

バナースペース

特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826