本文へスキップ

特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

ようこそ、がんサポートコミュニティーへ!WELCOME TO CSC

あなたは今、私たち「がんサポートコミュニティー」のサポートグループに参加することを希望し、“アクティブな患者”になるための大切な一歩を踏み出しました。私たちは、あなたの病状、また、あなたが患者自身であるかご家族であるかに関わらず、サポートグループへの参加があなたの身体的/心理社会的にがんからの回復に役立つことを願っています。

これは、私たちのサポートグループでのあなたのアクティビィティを最大限に活用するための提案です。あなたにとって“回復”という言葉がどんな意味を持とうとも、回復を目指したアクティビィティを共にするという特別なグループの一員になるのです。研究では、一人よりも、他の理解し合える自分に似た境遇にある人と一緒にいる方が良いと示しています。サポートグループは、あなたの病気や反応に気を遣う必要のない“語らいの場”となります。サポートグループでは、あなたと同じような多くのがん患者さんから貴重な情報や方法、また病状の改善や希望を持つことなどを学びます。

サポートグループ医療相談リラクゼーションプログラム、教育講演会、イベントいった私たちのプログラムは、無用の孤立や絶望といった感情を取り除くことができるように考えられています。サポートグループでは、他の似た境遇にある人と関わることで、“自分らしさ”を取り戻したり、楽しい感情や新たな希望を見出すことができるでしょう。サポートグループを通して、回復のためのアクティブな参加が免疫系、そして病状に有益な影響をもたらすでしょう。

がんには医学的な治療が第一です。私たちの心理社会的サポートプログラムは、がん治療の大切な一部です。がんの身体的側面に外科治療や化学療法、放射線療法などを行うのと同様に、心理的/社会的側面に私たちのプログラムを利用することができます。

病状に関係なく、いつまでも、また何度でも私たちのプログラムを利用することができます。

サポートグループは全ての人に向いているわけではありません。まず、短期グループへの参加を試してみることをお薦めします。あなたが思っていたものと違った場合、グループを続けなくてはならない義務や責任は全くありません。グループを離れたいと思ったら、私たちの他のプログラムを利用してください。大切なのは、あなたが患者さんであれご家族であれ、苦痛を取り除き、生活の質(Quality of Life: QOL)を高めるアクティビィティを見つけることです。

私たちは、数え切れないがん患者さんやご家族が似た境遇にある人と共に新たな希望を見出し、アクティブなプログラムを提供する“場”と“機会”を
10年以上提供し続けています。あなたのサポートのパートナーに私たちを選んでいただいたことに感謝します。


バナースペース

特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826