本文へスキップ

特定非営利活動法人がんサポートコミュニティーは、がん患者さんとそのご家族のために専門家による心理社会的なサポートを提供するNPOです。

TEL. 03-6809-1825

105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

組織沿革HISTORY OF ORGANIZATION

20008 竹中文良博士渡米。米国最大のがん患者支援非営利団体であるThe Wellness Communityで研修を受ける。
200011 The Wellness Community創設者Harold Benjamin博士が来日講演される。
20015 竹中文良博士、The Wellness Community日本支部として特定非営利活動法人ジャパン・ウェルネスを東京都港区赤坂三丁目11-14赤坂ベルゴ805号室に設立、理事長に就任する。
200211 The Wellness Community創立20周年を迎え、竹中文良博士がワシントンDC(米)で講演する。
200312 1回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「望ましいがん治療の在り方を求めて―人生をエンジョイし、治療効果を最大限に引き出すために」を赤坂区民センター(東京)で開催。武田文和氏(埼玉医科大学客員教授)、渡辺亨氏(国立がんセンター中央病院特殊病棟部13A病棟長)、楠本昌彦氏(国立がんセンター中央病院第一領域外来部気道縦隔科医長)を講師に招聘。297名が来場。
200312 京都大学、明海大学、野村総合研究所との共同研究「3Dオンライン・サポートグループ」実証実験スタート。
20045 2回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「がんと心―がんに罹っても自分らしく生きるために」を赤坂区民センター(東京)で開催。内富庸介氏(国立がんセンター研究所支所精神腫瘍学研究部部長)、木阪昌知氏(明海大学教授)、松濤諦雲氏(大徳寺龍泉庵住職)を講師に招聘。308名が来場。  
20045 竹中文良博士、がん患者とともに聖地ルルド(仏)を旅する。
20048 京都大学、明海大学、野村総合研究所との共同研究「3Dオンライン・サポートグループ」実証実験第二段階へ。
20049 事務所を東京都港区赤坂六丁目4-20赤坂ヴィラージュ701号室に移転。
200410 The Wellness Community代表兼CEOKim Thiboldeaux、副代表・Mitch Golant博士が来日、国立がんセンター総長・垣添忠生氏らとともによみうりホール(東京)で講演される。
20056 3回ペイシェント・アクティブ・フォーラム「がんと栄養―がんにならないための食事療法、がんになってからの食事療法」を赤坂区民センター(東京)で開催。坪野吉孝氏(東北大学公共政策大学院教授)、加藤眞三氏(慶應義塾大学看護医療学部教授)、安達勇氏(静岡県立がんセンター緩和医療科部長)を講師に招聘。373名が来場。

バナースペース

特定非営利活動法人
がんサポートコミュニティー

105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目10-4
虎ノ門ガーデン
214号室

TEL 03-6809-1825
FAX 03-6809-1826


がんサポートコミュニティーは
創立15周年を迎えました。